FC2ブログ

ここから日々

単なる日々 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ディア・ドクター

西川美和監督は、デビュー作からのファン。
シナリオがホントにすごい。
使う女優はいつも「?」だけど。

これほど人間というものを描ける作家はそういない。
断言しちゃう。

で、今回の『ディア・ドクター』。

描かんとすること、本質、
さらに、人間同士のズレ。
ただ、もう、絶賛。

ただ、語り部がいない。
それで進行していくから、ちょっとボけるのだろうか。
ここはやっぱり、都会から来た若い医者目線で進んだほうが分かりやすいかなぁ。
もしくは、刑事目線でいろいろ分かっていく、とか。
これは前作の『揺れる』でも思ったことだけど。




ディア・ドクター [DVD]ディア・ドクター [DVD]
(2010/01/08)
笑福亭鶴瓶、瑛太 他

商品詳細を見る




香川照之は、前作に引き続き今作もいい演技。
喫茶店で、警察に事情を聞かれるシーンで、
椅子から起き上がった瞬間の顔が。
笑った後にスッと真顔に戻る瞬間があるのだけど、
そこはおそらく、この先ずっと忘れられないシーン。

井川遥の、お母さんとのシーンの演技も良かった。
喋っちゃうと、う~んってガックリくるんだけど。
サイレント女優。

偽医者がラストシーンなんだけど、
笑ってるけど顔見せないんだよね。

スゴいわ。


で、今、西川美和の小説を読んでる。
小説までも、本当に、この作家はなんでしょねって思う。

ホント、なんでしょね?



ランキング参加中

bana_convert_20110525144225.jpg

クリックありがとうございます

    12:21 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
広告
cocokara.me
たまけもの
facebook
浦安市のリンパドレナージュ・
タイヨガリラクゼーション
cocokara.meここからミー
欲しいモノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。